医師の紹介

院長紹介

  
 医学博士 小林政史 
 昭和47年生まれ 

ひざ関節疾患はもちろんのこと、整形外科専門医としてあらゆる運動器疾患に対応いたします。

スポーツ外傷による膝靱帯、半月板損傷から中高年者の変形性膝関節症に至るまで多岐にわたり膝関節疾患の治療を行っています。治療は保存療法と手術療法を患者様の病因と病状に合わせて選択しています。患者様とじっくり話し合い、どういう治療がその患者様にとって、最もよい治療であるかを常に念頭に置きながら、きめの細かい医療を行うことを心懸けています。

趣味:テニス、釣り


院長略歴

京都府立医科大学卒業(1996年)
洛南高等学校卒業(1990年)


1996 年 4 月 京都府立医科大学附属病院 整形外科学教室入局
1997 年 4 月 済生会滋賀県病院 整形外科
1999 年 4 月 公立南丹病院 整形外科
2000 年 4 月 京都府立医科大学附属病院 整形外科・リハビリテーション部
2002 年 4 月 京都九条病院 整形外科
2005 年 4 月 京都第一赤十字病院 整形外科 医長
2008 年 5 月 小林整形外科医院を父・政則から承継

専門領域:

膝関節外科 リウマチ スポーツ医学  脊椎脊髄外科
リハビリテーション

資格:

日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定リハビリテーション医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
 
博士論文:(PDF)
The fate of host and graft cells in early healing of bone tunnel after tendon graft.
American Journal of Sports Medicine 2005;33:1892-1897

主な国際学会発表:
51st Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society
Washington DC, 2005

52nd Annual Meeting of the Orthopaedic Research Society
Chicago, 2006

主な国内学会発表:
日本人工関節学会
日本膝関節学会
日本整形外科学会
日本骨折治療学会
中部日本整形外科災害外科学会
その他 多数の国内学会、地方会で発表

著書・訳書
Insall & Scot Surgery of the Knee
膝の外科 原著4版
金芳堂 (2007/06)
The Adult Knee
Lippincott Williams & Wilkins (2003/01)